FC2ブログ

再掲載

2010年02月28日 15:26

リクエストがあったので再掲載。
そしてせっかくなのでカラーも。

渋谷広告 自作画像


渋谷広告 自作画像


ほんとはもっと大きく作りたかったんです。
でも当時は発売前で素材が限られていたのでこれが限界でした。
カラーでは違和感があるものの、モノクロにするとそれなりに見える不思議。


この画像をTumbler(飲むほうじゃないよ)で見た方がコメント欄に
「明日見れる。ドキドキしてきた(笑)」
と書いてありました。

ゴメンナサイ。これ合成です。


スポンサーサイト



capsuleがニューアルバム出しますね。

2010年02月05日 12:50

アルバム名は「PLAYER」で発売日は3月3日だそうです。価格は2,940円。

ちょうどCDショップのポイントカードが溜まってたなぁ。これ使おっと。
Perfumeの新曲が出たら別ですけど。ははは。


久々にcapsuleの公式サイトに行ったらリニューアルしてました。こしじまさんすごく可愛い!!
capsule


capsuleのニューアルバムジャケットってこしじまさんですよね?最初YUKIさんかと思いました。
capsule PLAYER
ところでこしじまさんって金髪似合いますよね。そして歳をとらない。


んで!その「PLAYER」のジャケットをのっちバージョンにしてみました。
せっかく作ったのに目元が隠れてイマイチわからん(´・ω・`)
capsule のっち


のっち capsule ジャケット 自作画像

のっちの金髪って想像できませんよね。
ちなみにのっちは染めたことがありません。
自分も染めたことがありません。

え?聞いてないですかそうですか。

ジャケ写遊び。

2009年12月06日 06:20

ジャケット写真で遊んでみました。
ジャケ写 オマージュ


うーん。それなりにできたかな。
MEGとかしゆかの大きさ?気にしないでください。諸事情でこうなりました。
「L.D.K」は・・・10分くらい。簡単でした。
「NEXUX-2060」のが一番面倒くさかった。宇宙ステーションみたいなのに手こずりました。。。
「3060」になってるのはPerfumeが3人だからです。マチガイジャナイヨ。

あと「Perfume rmx」も比較的簡単でした。
これ作ってて思ったんですがPerfumeのremixアルバムとか出さないんですかね。絶対買います。
中田さんならさらにカッコよくしてくれると思うんですよ。

右のバナー「Perfume Portfilio」にも個別で展示しておきます。
たまには見てやってください。地味に増え続けていますm( _ _)m

願い(Album-mix)が「⊿」に収録されているわけ。

2009年11月14日 18:32

さてさて、最近のライブでは最後を締めくくる曲として
披露されている「願い」なんですが⊿アルバムにも収録されています。
なんで「願い」が、何でB面の曲がアルバムに収録されているのか?
皆さん知っていますか?

それはね、こんな話があったんだ・・・





最初は「⊿」に収録される予定ではなかったらしいです。
でも代々木ライブに中田ヤスタカ氏が見にきましたよね?
その時にこの「願い」を聞いて感動したそうなんです。
それでアルバム完成を目の前にして急遽mix
最後の曲として放り込んだそうです。


そこまでPerfumeにこだわってくれるとは。
「ライブ行ったらその瞬間に曲を作りたくなる」ってインタビューでも言ってましたし
きっと衝動的に作ったのかもしれません。
あの「Album-mix」はその時の感動をmixしてあるのか。

そう思ってこの曲を聴いたら また少し違って聞こえるかも。
中田ヤスタカ

でも最後はやっぱ「wonder2」かなぁ(笑)

Perfumeの『GAME』にしてもそうだけど。『もうポリリズムじゃねーぞ』っていう(笑)

2009年09月21日 00:38

※注) 今回は長いです(笑)

今更ながら買いました。「MARQUEE(マーキー)」。
音楽雑誌なんですが基本的にエレクトロやテクノ、クラブミュージックやハウスといったジャンルを取り上げる雑誌なんです。Perfumeが好きで似た感じの曲を発掘したいなんて思っているそこのあなた!必読ですよ!

最新号(8月号)はcapsuleのロングロングインタビューが掲載されているということもあり、今回は立ち読みではなく買って帰ることにしました。
MARQUEE


フムフム。。。中田氏はそんなことを考えながら活動しているのか。と読みふけっているとやっぱりPerfumeの話が。

ポリリズムでのポリループ。有名な話ですが「奇抜すぎる」、「音飛びと間違える」という理由で所属事務所側から反論されました。
中田さんは「大丈夫です。(音楽的)ポリリズム部分をカットしたバージョンを作ります。ただ1曲目はこれでいきたいです。」と応酬。結果的に今の状態に収まったそうな。(wiki参照)

この雑誌で中田さんはこのときの様子について「相手を“説得”したのではなく“話をした”」と言っていました。中田さんは「説得≠話す」という感覚みたいです。
MARQUEE2
人間の感性は人それぞれで自分の価値観をその場で説得しても相手がすぐに「はい、わかりました。」なんて言わないことを中田さんは知っているのでしょう。だから粘って粘って話し続けた。説得せずに。
そしてその根気が彼自身の制作意欲を支えているのだと私は(勝手に)感じましたw




他にも「Perfume=ポリリズム」というイメージを払拭するためにインパクトのあるアルバムタイトルにしたかったらしい。そしてその結果が「GAME」だった。
MARQUEE5


なんだか感心しました。TVで「好きなことをやってるだけ。フラフラ~とここまで来ちゃいました(笑)その結果いろんな人が共感してくれて僕の音楽を聴いてくれるようになりました。」なんてサラリと言ってました。が!こっちから言わせてもらえば「めちゃくちゃ考えながら活動してるじゃん!」

自分も物を作り出す人間として見習うところが沢山あるなと感じました。
中田先生、勉強になります。
MARQUEE


最新記事